現場レポート

トップページ > 現場レポート一覧 > 市債務負担行為 茨戸処理区ⅩⅣ-03000(東苗雄7条3丁目ほか)下水道新設工事

市債務負担行為 茨戸処理区ⅩⅣ-03000(東苗雄7条3丁目ほか)下水道新設工事

工期:令和2年3月23日~令和3年2月15日 札幌市東区東苗穂7条3丁目~6条3丁目間において、下水道管を埋設する工事を行っています。工事の期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと思いますが、何卒宜しくお願い致します。

〇工事は大雨の影響で起こる浸水被害を未然に防止することを目的として、新たに雨水拡充管を埋設するものです。工法としては、推進工法を採用しています。
工事の目的と工法の説明図について)
〇推進工法は、立坑と呼ばれる縦穴から下水道管を横に押し込んでいきます。
〇本工事においては、深さ6m程度の立坑から、掘進機で前方の土砂を掘削し、内径1,000mmの管を押し込んでいます。
〇現在、札幌新道側の到達立坑では、既設管から新たに設置した新設管(雨水拡充管)に水が流れ込むためのマンホールを設置しています。

^