現場レポート

トップページ > 現場レポート一覧 > 社会資本整備総合交付金事業 道道札幌北広島環状線(屯田9条12丁目6番1地先)道路改良工事

社会資本整備総合交付金事業 道道札幌北広島環状線(屯田9条12丁目6番1地先)道路改良工事

工期:令和2年5月12日~令和2年11月9日 札幌市北区屯田9条12丁目において、「札幌圏都市計画道路事業」における道道札幌北広島環状線の一部である屯田・茨戸通の道路改良工事を行っています。道路上での作業はありませんが、工事の期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと思います。何卒宜しくお願い致します。

〇この工事では、地盤の強度を高めるため、改良材(セメント系固化材)を現地盤の土と攪拌混合し改良体を造成する中層地盤改良を行っています。
〇施工にあたっては、建設現場の生産性の向上と安全性の確保を図るため、ICT※を活用しています。
※ICT(情報通信技術:Information and CommunicationTechnology)

〇本工事においては、ICTを活用して施工管理及び出来形管理の効率化を図っています。

uICT地盤改良機械の測位は、バックホウ背面に取り付けたGNSSアンテナとブーム・アーム・バケットまたは撹拌装置、本体に取り付けた傾斜センサ、深度計等の情報から攪拌装置先端の座標を計算して行います。

uICT地盤改良機の施工履歴データを用いて出来高管理を行います。

地盤改良工については9月末で終了し、その後は整地を行いました。
10月末、工事は事故なく無事に終えることができました。工事期間中、近隣の皆さまには大変ご御迷惑をお掛け致しました。ご協力、誠にありがとうございました。
〇屯田・茨戸通の道路工事は次年度も継続して行われる予定です。今後とも宜しくお願い致します。
^